SOFTWARE Too:株式会社ソフトウェア・トゥー

株式会社ソフトウェア・トゥーが提供する製品のニュースリリースページです。

DxO FilmPack 3発表のお知らせ

新発売 DxO FilmPack 3
銀塩フィルムの画像感を忠実に再現し創造性の幅を更に広げる

ユーザインターフェースを刷新しDxO Optics Pro 6.6対応版リリース
スタンドアロン版、Lightroom、 Photoshop、Aperture各プラグイン版も 2011年夏リリース

この度、DxO Labs社が開発・販売するソフトウェア「DxO FilmPack」(Windows & Mac OS X版)の新バージョンがリリースされますのでご案内いたします。DxO FilmPack 3 は、写真編集ソフトの分野で10年にわたり培った専門知識を生かして作成された銀塩フィルムの画像感をシミュレートするソフトウェアです。初心者からエキスパートまで、ワンクリックで白黒及びカラーフィルムの画像感を再現でき、デジタル写真の創造性を更に広げます。

フィルム画像感を非常に忠実に再現
世界的に認められた画質測定の科学的専門知識をもとに、最高の現像ラボ(パリのPictoとニューヨークのDuggal)と協力し、フィルムの画像感を再現するためのプロセスを開発しました。現在市場に出回っているソフトの中でも最も忠実なシミュレーションを再現します。写真の歴史を作った有名なフィルムの色、コントラスト、粒子などを大判サイズで再発見できます。Sebastiao Salgado 氏は白黒写真専門のフォトグラファーでしたが、最近デジタル写真に移行しました。彼によると「DxO FilmPackは、私の写真制作において不可欠なツールで、特に伝説的なコダックのTrixの画像感を大きなサイズで再現するのに不可欠」とのことです。

「Kodachromeのように、既に生産中止になったフィルムもDxO FilmPack 3 の持つ非常に忠実な画像感と粒状感をもってすれば、デジタル写真での再現が可能です。」(DxO Labs社の写真部門の販売・マーケティング部部長のCyrille de La Chesnais氏談)

新たな創造性を求めて
新たに10種類のフィルムと10種類のフィルタを追加し、想像の中にしか存在しない画像感を実現することができます。DxO FilmPack 3には以下のコントロールが新たに追加されました。
-クリエイティブな色のコントロールを実現する色相/彩度/明度カーソル
-白黒写真の画像感を広げるチャンネルミキサー
-写真に独特な雰囲気を与えるクリエイティブヴィネット
-銀塩写真の粒子をより忠実にシミュレートするためのノイズ除去

シンプルな操作
DxO FilmPackをユーザのワークフローにシームレスに組み込むために、Adobe Photoshop CS、Adobe Lightroom、Apple Aperture、DxO Optics Pro用のプラグイン版が用意されました。スタンドアロン版としても利用できます。全てのバージョンでバッチ処理が可能で、何百枚の画像にワンクリックで画像感を適用できます。またDxO FilmPackはPhotoshopのダイナミックフィルタとして使うことも可能です。

サードパーティーソフトウェア用プラグイン版とスタンドアロン版では、刷新されたインターフェース上に新機能が追加されています。特にプレビュー機能の充実により、簡単に画像感を選ぶことができます。また自分で調整した画像感を保存し、他の画像に適用することも可能です。
ユーザの使い勝手を改善するために、ノイズ除去と粒状感を適用した場合、ズーム率にかかわらずプレビューで確認できるようになりました。

新発売に際し特別割引価格で提供
DxO FilmPack 3 には2つのバージョン(エッセンシャル版とエキスパート版)が用意されています。利用できる機能に差があり、エッセンシャル版では一部の機能が制限されています。

DxO FilmPack 3 のライセンスには以下のものが含まれます:
-スタンドアロン版
-Adobe Photoshop CS4/CS5用プラグイン版
-Adobe Lightroom 3用プラグイン版
-DxO Optics Pro v6.6用プラグイン版
-Mac OS Xの場合、Apple Aperture 3用プラグイン版
どれも2台のコンピュータ以内であれば、Windows/Mac OS Xのいずれでも自由にインストールしていただけます。

DxO FilmPack 3 のスタンドアロン版及び、Photoshop、Lightroom、Aperture 用プラグイン版は2011年の夏にリリースを予定しております。
FilmPack 3 のDxO Optics Pro 用プラグイン版をご購入またはアップグレードされた方は、スタンドアロン版及び、Photoshop、Lightroom、Aperture 用プラグイン版のリリース時に無償で利用できます。

DxO FilmPack 3 の DxO Optics Pro 用プラグイン版の購入とアップグレードはDxO Labs のオンラインショップでご利用いただけます(www.dxo.com)。

ソフトウェア・トゥーによる、国内パッケージ版は2011年夏発売開始予定です。アップグレード製品の取り扱いについては未定です。詳細が決まり次第ご案内させていただきます。

■動作環境
・最低2GB RAM
・400MBハードディスク空き容量

Windows:
・Intel Pentium 4プロセッサ、AMDプロセッサ(Pentium Dual Core以上を推奨)
・Microsoft Windows XP(32 bit)、Windows Vista(32 / 64 bit)、Windows 7(32 / 64bit)
・2000万画素以上のカメラを利用の場合は、64 bit OS、4GB以上RAMでのご利用を強くお勧めします。
・DxO Optics Pro v6.6(DxO Optics Proプラグインとして利用の場合)

Macintosh:
・Intel-Mac CPU
・Mac OS X 10.5、Mac OS X 10.6
・2000万画素以上のカメラを利用の場合は、3 GB以上RAMでのご利用を強くお勧めします。
・DxO Optics Pro v6.6(DxO Optics Proプラグインとして利用の場合)

■ DxO Optics Pro について
DxO Optics Pro は、数々の賞を受賞した自動画像向上ソフトウェアです。アマチュア、およびプロにかかわらず、最高の画質を追い求める写真家向けで JPEG・RAW 画像形式に対応しており、自動光学補正機能(ディストーション補正、ヴィネット補正、色収差補正、レンズブラー補正)と最高品質の RAW 現像技術は世界的に認められているだけでなく、ノイズ除去、露光最適化、キーストーン補正、色の調整、ダスト除去など、画質に関する幅広い分野をカバーしています。インターフェースは操作が簡単なだけでなく、ユーザー自身がカスタマイズできるように設計されています。また、ワンクリックで何百枚の画像を処理できる生産性の高いツールです。

詳細については DxO Labs 社のウェブサイトをご覧ください。

■ DxO Labs 社について
DxO Labs 社は、デジタルイメージングの分野において、高性能な製品と画質向上ソリューションを提供いたします。要求度の高いフォトグラファー向けのDxO Optics Pro とDxO FilmPack(Macintosh と Windows 両方に対応)の開発のみならず、IP (知的財産権)のライセンス供与を行うことによって、デジタルイメージング産業の一端を担っております。
・コンシューマエレクトロニクス向け OEM/ODM (デジタルカメラおよびカメラ付き携帯電話メーカーなど)に対するリアルタイムのスチル/ビデオ画像処理用の内蔵型ソフトウェア、及び、シリコンアーキテクチャの提供。
・イメージング用コンポーネントのベンダー (カメラモジュールメーカー、画像処理センサー/プロセッサメーカー)や写真ジャーナリスト、イメージング エキスパートに対する画質評価・管理用ツールの提供。