SOFTWARE Too:株式会社ソフトウェア・トゥー

DxO Labsの開発する先端を行くデジタル画像編集ソフトウェア

DxO FilmPack開発の背景

DxO FilmPack – 銀塩フィルム粒状感の追求
このようなプロセスは、厳密な科学的手順に従う必要があります。 最も正確な素材データを得るため、DxO Labsエンジニアリングチームは、較正されたテストチャートと実際の被写体(静物、色・テクスチャの異なる様々な物体など)の銀塩写真を用意しました。
※これらの写真は、正確かつ厳密にコントロールされたライティング条件下で撮影されました。

権威あるラボ
次に、ネガおよびポジフィルムの現像段階において、不要な変動要素が結果に影響しないことを確認する必要がありました。そのため、高い評価を受けているプロフェッショナルラボ2社に協力を要請しました。各フィルムは、Picto(パリ)と Duggal(ニューヨーク)の2ヶ所のプロフェッショナルラボにて現像されました。

しかし Kodachromeフィルムの現像だけは、現在このフィルムを処理可能な唯一のラボであるKodakの自社プロフェッショナルラボにて実施されました。フィルム現像後のキャリブレーションには、カラースキャナによる慎重なデジタイズ処理が必要でした。これにより高解像度スキャン(約20メガピクセル)を得ることができました。

次に以下の2つのアクションが実行されました:
まず、すべてのスキャンから得た比色測定に基づくカラーレンダリングのキャリブレーションを行い、次に粒子の測定が行われました。

革新的なメソッド
従来のフィルムフォトグラフィーの粒状感を再現するソフトウェアソリューションは、ガウシアンノイズを人工的に生成することで粒状感をシミュレートする手法を採ってきました。
しかし、このような経験的アプローチでは、一定以上の精度の結果を得ることは困難でした。 一方、DxO Labs社によるアプローチでは、テスト画像から直接「粒子マトリクス」を得て、デジタル画像に対して適用します。各フィルムに対してキャリブレーションモデルは平均化されているため、デジタル画像に対し限りなくリアルに適用することが可能です。

このプロセス全体の完了後、処理結果の実証が行われました。 それぞれの「画像感」は、DxO Labs社のイメージングエキスパートおよび多数のプロフェッショナルフォトグラファーらによって検証されています。これらは、DxO Optics Proに組み込まれたモジュールとして機能するDxO FilmPackインターフェースの設計にも役立っています。
非常に高度なツールであっても、初心者にでも使いこなせる簡単な操作性と、上級者がエフェクトを自由に調整できる豊富な機能性を有する必要があります。
DxO FilmPackではフィルムの種類を直接選択することで、画像感をすばやく簡単にデジタル画像に対して適用することができます。さらに、カラーレンダリングと粒状感プロファイルを設定するための、包括的なオプション群も備えています。

最後に、DxO FilmPackが提供する2種類の非常に特殊な「クロスフィルム処理」について簡単に説明します。 これらは、リバーサルフィルム(この場合は Kodak Elite 100)をネガティブ フィルムとして処理、もしくはネガティブフィルム(Fuji Superior 200)をリバーサル フィルムとして処理する現像テクニックです。
このようなテクニックを使って得られる結果は、銀塩フォトグラフィー時代のクリエイティブなアイデアからヒントを得た、非常に独創的な作品へのインスピレーションをもたらします。

また銀塩写真で「調色処理(トーニング)」を行うことで得られていたエフェクトをデジタル的にシミュレートする、5つの「特殊」なカラーモードが提供されます。 この実現にはまず、従来のブロマイドプリントの現像において、銀の粒子を他の金属のものに置き換えるための1つ(あるいは 2~3つ)の溶液が追加されました。

この段階で、プロ印刷業者によって作成された複数バージョンの同じ白黒プリントが得られました。 これらのプリントはプロフェッショナルたちの手によってトーニングされ、使用した用紙および溶液によって得られた複数の異なる色合いの中から、最も魅力的な結果が選択/較正されました。
これにより、以下のエフェクトを提供する5つのカラーモード(冷たい→暖かい、の順)を実現することができました。
金 (冷たく青みがかったトーン)、酸化鉄(緑青)、セレン(灰色がかった茶色)、土色セピア(タバコ色合い)、金セピア (黄土色/茶色デュオトーン)、 およびDxO OpticsProの過去バージョンでも提供されていたセピア(黄色)。

なお、トーニングは、「カラーレンダリングプロファイル」メニューで選択したフィルムとは独立したカラーモードとして適用されます。それぞれのフィルム固有のコントラストカーブに依存するためKodak Tri-XとIlford HP5を使って作られた画像とは、まったく同じものにはなりません。