SOFTWARE Too:株式会社ソフトウェア・トゥー

DxO Labsの開発する先端を行くデジタル画像編集ソフトウェア

DxO PhotoLabの光学補正

サポートしているカメラを検索

DxO PhotoLab の核となる補正エンジン部分には、数々の賞を受賞した DxO 独自のエンジンが搭載されており、レンズの様々な光学的欠陥を補正することができます。
このエンジンは、各カメラ/レンズに対応しレンズモジュールと連動して、以下のような光学的欠陥を補正します。

  • レンズ ディストーション
  • ヴィネット(口径食)
  • レンズブラー
  • 色収差
ユーザーの手動設定によりパースペクティブ(キーストーン/水平)補正を適用することも可能です。

DxO Optics Proの光学補正

DxO PhotoLab による補正処理は、DxO Labs によって作成された様々なカメラおよびレンズの数学的モデルに基づいて自動で行われます。
DxO Labs は30,000通りを超えるカメラおよびレンズの組み合わせをサポートしています。

  • 関連するすべての撮影パラメータ (焦点距離、撮影距離、絞り口径、 ISO、解像度など) が自動的に考慮されます。
  • レンズ収差や複雑なディストーション(たる形+ピンクッション形歪みの混合)なども解決します。
  • 補正処理は、個別のピクセルレベルで適用されます。これは、画像上の各エリアが異なるレベルの光学収差の影響を受けるためです。
  • DxO PhotoLab は、補正処理時におけるノイズの増加を防ぐためのテクノロジーを備えています。

DxO Optics Proの光学補正

DxO PhotoLab の特長は、ユーザーによる調整を一切必要とすることなく、非常に高度なデジタル画質補正処理を行えるという点にあります。スライダーなどを使って調整を一切行わなくても、マウスのシングルクリックのみで画像を補正することができます。もちろん、補正パラメータを手動で設定したいユーザー向けのモードも用意されています。