SOFTWARE Too:株式会社ソフトウェア・トゥー

DxO Labsの開発する先端を行くデジタル画像編集ソフトウェア

1. まずは DxO PhotoLab を起動します。
ここで紹介する画面は Mac 版です。Windows 版もほぼ同じです。
最初に「選択」画面が開きます。

2. 画面左のファイルシステムから編集したい画像が入っているフォルダをクリックします。

3. 選択すると画面下にフォルダ内の画像がサムネイルで表示されます。

4. 画面下のサムネイル画像には、あらかじめ設定してある DxO PhotoLab の強力な光学補正機能がかかった状態で表示されています。
編集する画像は、撮影したカメラから直接保存したファイルを利用します。他の編集ソフトウェアや RAW 現像ソフトウェア、またはブラウザソフトウェアを通して取り込んだ画像の場合、EXIF 情報が変更されている可能性があり、DxO PhotoLab では正しく画像を読み込めません。

5. 図のような緑のカメラマークが付いている場合は、撮影に使ったカメラ&レンズの DxO 光学モジュールのダウンロードが可能な場合です。その場合は自動的にモジュールの追加ができる画面が開きます。ダウンロードを実行すると緑のカメラマークが消えます。ここが立ち入り禁止のマークになっている場合は、何らかの理由で画像が DxO PhotoLab で編集できない物です。例えば他のソフトウェアで編集済みの画像などの場合はこのマークが表示されます。

最新の対応一覧は DxO Labs 社のサイトでご確認いただけます。対応一覧表はこちら

6. 画像を1枚クリックしてみます。真ん中の大きな画面にプレビュー画像が表示されます。この時点ですでに自動的にカメラ、レンズモジュールが働き、歪み、色収差、口径食等の物理的な補正が実行されています。
サムネイル画像やプレビュー画面に表示された画像はすでに補正済みの画像です。

7. 補正設定は「プリセット」としていろいろな設定が用意されています。
画面右上の「プリセット」をクリックすると、補正の目的にあわせてプリセットが用意されています。
任意のプリセットを選び、ここからさらに編集を重ねることができます。

8. 画面左上にある「設定」タブをクリックすると、詳細設定が可能な設定画面が開きます。パレットを開いてみます。このチェックボックスにはチェックが入っています。これは DxO 光学モジュールに基づいて補正が実行されていることを示しています。

9. 画面右の各ツールのスイッチが入っている機能は、DxO 光学モジュールに基づいて補正が実行されていることを示しています。

10. パレットの設定をいろいろ変えてみると、各設定パレットの特徴がつかめます。例えば「DxO Smart Lighting」の設定を「弱」から「強」へ変更してみます。この機能は画像を解析した上で自動調整されるため、選択している画像によって補正のかかり方が変わります。

11. 設定画面でも同様にプリセットを切り替えることができます。自分で補正した項目を新たに独自のプリセットとして保存することもできます(プリセットエディタパレットを使います)。

12. 1枚の画像を、いくつか設定を変えて書き出したい場合には「バーチャルコピー」の機能を使います。画面下のサムネイル画像を選択し、右クリックして「バーチャルコピー」を作成すると、サムネイル画像が複製され「2」という番号が付きます(「1」は元画像です)。しかしこれは実際の画像がコピーされるのではなく、別の補正設定を持つことができる「バーチャル」なコピーです。

13. 設定が完了したら画面右下にある「ハードディスクにエクスポート」から処理を実行できます。「選択」画面にもこのメニューがあるので、プリセットのみでよい場合は、設定画面をスキップすることができます。
画像をハードディスクに書き出す他に、処理した画像を別のアプリケーションで開いたり、Facebook のアルバムに書き出すこともできます。

14. 最初に使う場合は、オリジナルファイルと同じフォルダ内に JPEG ファイルを書き出す設定になっています。出力形式の変更や追加をする場合は、設定にチェックをして、書き出したいファイル形式や場所を指定します。この設定はいくつでも作ることができ、またここでもチェックボックスがあるので、チェックがかかっている設定は1回の処理で全て同時に書き出しが実行されます(チェックがかかっていない項目は書き出されません)。

これで書き出しまで完了です。さまざまな設定をお試しください。

書き出しに若干時間がかかるように感じる方もいらっしゃるかもしれませんが、モジュールによる自動補正が実行されていることを考えてみてください。その効率の高さがご理解いただけるでしょう。