SOFTWARE Too:株式会社ソフトウェア・トゥー

PDFワークフローの自動化 エンフォーカス

PitStop Server 年末キャンペーンについてご不明点がありましたらお気軽にご相談ください。

  • PitStop Server 年末キャンペーン資料はこちら(PowerPointファイル)
  • リーフレット、購入申込書はこちら
  • メールフォームからのお問い合わせはこちら
  • お電話でのお問合せ Tel:03-6757-3290
  • 2020年12月末までに購入でお得がいっぱい!

    新規購入をご検討のユーザー様 → 年内の購入がお得です。

    PitStop Server 2020を購入するとSwitchコアエンジンの機能が使える

    ※2021年1月1日よりPitStop Serverの価格が768,000円から888,000円(税別)へ値上げとなります。

    旧バージョンをお持ちのユーザー様 → 年内アップグレードがお得です。

    PitStop Server 2020へアップグレードするとSwitchコアエンジンの機能が使える

    ※2021年1月1日からアップグレード価格が値上げとなります。

    PitStop Server 2020ユーザー様 → 年末までに訪問教育をお申し込み頂くとお得です。

    PitStop Server 2020ユーザー様にSwitchコアエンジンの機能を特価にて訪問講習

    ※訪問講習:通常価格50,000円を特価20,000円(税別)
    ※別途、交通費・出張費用が必要となる場合があります。

    年間サポートをご契約中のユーザー様 → 年内の訪問講習がお得です。

    PitStop Server年間サポートを契約しているとSwitchコアエンジンの機能が使える

    ※PitStop Server 2020のライセンスでSwitch コアエンジンの機能をお使いいただけます。

    現行のPitStop Serverについて

    • PitStop Serverは現在、シンプルなホットフォルダベースのアプリケーションです。
    • そのワークフローと自動化機能は15年以上変更されていません。
    • お客様の要件とニーズは長年にわたって変化しており、お客様はより高い柔軟性とより多くの自動化の可能性を求めています。
    • 現在、PitStop Server導入の大部分は Switchワークフローでの活用です。
    • PitStop Serverは、競争力を高め、お客様のニーズに対応するために機能強化する必要があります。

    PitStop Server 2022(約2年後)

    • 2022年4月に、次世代のPitStop Server 2022をリリースする予定にしています。
    • 仕様と機能の詳細は、競争上および機密上の理由から未公開です。
    • 現在の機能を削除するのではなく、機能を追加する方向で開発します。
    • 現時点で言えることは、Switchプラットフォームをベースにするということです。
    1. お客様の移行はPitStop 2020から始めます。
    2. 2020年10月、お客様にお知らせします。

    移行期間

    • お客様がPitStopサーバーベースのワークフローからSwitchベースのワークフローに移行することは容易ではありません。
      したがって、Enfocusはお客様に2年間の移行期間をご用意します。その間、個別に訪問講習でお客様をサポートします。
    • すべてのPitStop Server 2020のユーザーにEnfocus Switch コアエンジン日本語版が無料で提供されます。
      つまり、現在のPitStop Serverワークフローを現在のまま使用することもできますが、同時にPitStop Serverを組み込んだSwitchワークフローの学習と構築を開始することができます。

    訪問講習のご案内

    • Enfocus Switch コアエンジン日本語版インストール・セットアップ
    • ライセンス・アクティベーション
    • 基本的な取扱説明
    • 機能説明

    • 作業と講習を合わせて約3時間程度となります。
    • 商品名:PitStop Sever 2020 訪問講習
    • 定価:20,000円(税別)
      ※出張費別途ご相談ください。

    価格表

    • JANコード:4530131364543
      商品名:PitStop 訪問講習
      販売価格:¥20,000(税別)
    • JANコード:4530131168332
      商品名:PitStop 訪問講習出張費用 A
      販売価格:¥10,000(税別)
      PitStop 訪問講習出張費用 A:宿泊数:0/対象地区:北関東(水戸・宇都宮・前橋)
      南関東(東京・さいたま・千葉・横浜・川崎)については出張料金は発生しません。
    • JANコード:4530131168325
      商品名:PitStop 訪問講習出張費用 B
      販売価格:¥30,000(税別)
      PitStop 訪問講習出張費用 B:宿泊数:1/対象地区:甲信越(甲府・長野・新潟)、東海(静岡・浜松・名古屋・岐阜)
    • JANコード:4530131168318
      商品名:PitStop 訪問講習出張費用 C
      販売価格:¥40,000(税別)
      PitStop 訪問講習出張費用 C:宿泊数:1/対象地区:南東北(仙台・山形・福島)、近畿(津・大津・京都・大阪・神戸・奈良・和歌山)
    • JANコード:4530131168301
      商品名:PitStop 訪問講習出張費用 D
      販売価格:¥50,000(税別)
      PitStop 訪問講習出張費用 D:宿泊数:1/対象地区:北東北(青森・盛岡・秋田)、北陸(富山・金沢・福井)
    • JANコード:4530131168295
      商品名:PitStop 訪問講習出張費用 E
      販売価格:¥70,000(税別)
      PitStop 訪問講習出張費用 E:宿泊数:1/対象地区:北海道_道央(岩見沢・札幌・室蘭)、北海道_道南(函館)、四国(高松・松山・高知・徳島)、九州(福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島/沖縄は除く)、山陰(鳥取・松江)、山陽(岡山・広島・山口)
    • JANコード:4530131168288
      商品名:PitStop 訪問講習出張費用 F
      販売価格:¥90,000(税別)
      PitStop 訪問講習出張費用 F :宿泊数:1/対象地区:北海道_道北(稚内・旭川・留萌)、北海道_道東(網走・根室・釧路・帯広)、沖縄

    PitStop Server 2020 ユーザーに無償提供される Enfocus Switch コアエンジン日本語版で拡張される機能

    • 独自のワークフローを柔軟に構築します。古いPitStop Serverのフォルダー構造のように制限されません。
    • ブラウザベースのジョブの概要(ジョブボード)
    • ブラウザベースのジョブトラッキング(フローステージ)
    • FTPサーバーとの自動ファイル受信/配信
    • メールの自動受信/配信
    • プリフライトの駆動に使用できる追加の検証可能なタイプ(変数を含むテキスト)
    • ファイルタイプ、ファイル名、ジョブ、ドキュメントの変数に基づくファイルルーティング
    • ファイルの名前変更/アーカイブ
    • PDFファイルのページ分割とページ統合
    • ZIP圧縮/ZIP解凍
    • PDFから画像形式への変換(JPEG/PNG)など…

    ワークフローイメージ 例1

    MessageViewer.png

    ワークフローイメージ 例2

    MessageViewer.png

    ワークフローイメージ 例3

    MessageViewer.png

    ワークフローイメージ 例4

    MessageViewer.png

    ワークフローイメージ 例5

    MessageViewer.png

    ワークフローイメージ 例6

    MessageViewer.png

    ソフトウェアの動作要件

    ライセンスについて

    • PitStop Server 2020ライセンスキーを使用すると、Enfocus Switch コアエンジン日本語版 Spring 2020およびFall 2020も実行できます。これらは永続的なライセンスであり、永続的に実行されます。
    • Enfocus Switch コアエンジン日本語版はPitStop Serverと同じコンピューター上にある必要があり、PitStop 2020ライセンスを探します。

    ご注意ください:このEnfocus Switch コアエンジン日本語版のライセンスは拡張できないため、Switchモジュールを追加する場合は、Enfocus PitStop2Switch 日本語版のライセンスにアップグレードする必要があります。

    アップグレード商品のご案内

    • JANコード:4530131373057
      商品名:Enfocus PitStop Server 2020 日本語版 アップグレード from 2019
      販売価格:273,000円(年間サポート付き)
    • JANコード:4530131373064
      商品名:Enfocus PitStop Server 2020 日本語版 アップグレード from 2018
      販売価格:408,000円(年間サポート付き)

    バージョン2017よりも旧バージョンからのアップグレード

    • JANコード:4530131373071
      商品名:Enfocus PitStop Server 2020 日本語版 アップグレード from 2017
      (旧バージョン13、12、11、10も含む)
      販売価格:543,000円(年間サポート付き)

    無償提供版Switchと通常版Switchについて

    PitStop Server 2020 ユーザーに無償提供されるEnfocus Switch コアエンジン日本語版はSwitchモジュールを追加できない非拡張版です。
    モジュールを追加してより高度な自動処理ワークフローへ拡張するためには、PitStop Server 2020からPitStop2Switchへアップグレードする必要があります

    アップグレード後に下記モジュールを追加購入する事で拡張できます。

    • Enfocus Switch コンフィグレータ モジュール
    • Enfocus Switch クライアント モジュール
    • Enfocus Switch メタデータ モジュール
    • Enfocus Switch データベース モジュール
    • Enfocus Switch スクリプティング モジュール など…

    Enfocus PitStop2Switch 日本語版のライセンスにアップグ
    レードする

    Enfocus PitStop2Switch 日本語版は、Enfocus PitStop ServerとEnfocus Switchを合わせたバンドルセット製品です。 年間サポートも含めお買い求めやすい価格でご提供します。
    PDFファイルのプリフライト(検査)と自動編集・修正を実現するEnfocus PitStop Serverを核として、前後の入出力ワークフローをEnfocus Switchで自動化することができます。
    オプションとしてSwitchモジュールを追加し拡張することができます。

    • 商品名:Enfocus PitStop2Switch 2020 日本語版 アップグレード from PS 2020
      定価:500,000円(税別)

    お問い合わせ:ソフトウェア・トゥー営業部 03-6757-3290

    その他PitStop Serverに関するFAQ

    これは、お客様が今すぐSwitchベースに移行する必要があることを意味しますか?

    • いいえ、現在と同じようにPitStop Serverを引き続き使用できます。また、Switch コアエンジンを同時に使用することもでき、両方を連携させることもできます。
      現在の方法で作業できますし、Switch コアエンジンの機能を試し、使用し始めることもできます。

    これは1つのソフトウェアインストーラーですか?

    • PitStop ServerとSwitch コアエンジン用に個別のインストーラーがありますが、2022年には1つのインストーラーに統合することを計画しています。

    これはPitStop2Switchとどこが違うのですか?

    • この新しいPitStop Serverは拡張できないため、Switchモジュールを追加できないことです。PitStop ServerとPitStop2Switchの年間サポート契約料金が異なります。

    Switch モジュールを追加できるアップグレードはありますか?

    • はい。PitStop ServerからPitStop2Switchに移行するためのアップグレード商品があり、Switch モジュールで自動処理を拡張しアップグレードできます。

    現在、Smart Preflight用にXMLファイルを使用してPitStop Serverを稼働しているお客様がいます。
    このケース新しいPitStop Serverでどのように機能しますか?
    Switch メタデータモジュールが必要ですか?

    • いいえ。Switch メタデータモジュールは必要ありません。
      新しいSwitch ベースのPitStop Serverでも引き続き機能します。

    Switch コアエンジンでのPitStop Serverの処理速度はどうですか?

    • 現在、SwitchはCLIを介してPitStop Serverと統合されていますが、これを2022年までに仕様を変更するため、安定性とパフォーマンスの向上が期待されます。
      目標は、現在のPitStop Serverよりも遅くならないことです。

    Switch コアエンジンの並行プロセスはどうですか?

    • Switch コアエンジンのデフォルト設定は4つの並行プロセスです。
      2022年には、SwitchプロセスをPitStop Serverプロセスから分離することが計画されているため、それらは独立する予定です。

    PitStop Server CLIはどうなりますか?

    • PitStop Server CLIは引き続き存在します。それを使用するお客様がたくさんいるため、削除する予定はありません。