SOFTWARE Too:株式会社ソフトウェア・トゥー

Extensis – フォントとデジタルデータの管理ソリューション

Suitcase Fusion 機能と特徴

クリエイティブプロフェッショナル御用達、フォント管理の決定版

WhatsNew_icon02

■ フォントのブラウズ、プレビュー、選択の操作がとても簡単

カスタマイズ可能なフォントプレビューで膨大なフォントコレクションをチェックすることによって、対象のプロジェクトに最良なフォントをすばやく見つけることができます。

Overview_icon01

■ 必要なときに、必要なフォントを有効化

インストールするフォント数を抑えてシステムのパフォーマンスを維持しながら、必要なときにのみフォントを有効化することができます。プロフェショナルデザインツール専用のオートアクティベーションプラグインはこれを自動的に行います。

Overview_icon10

■ いつでも正しいフォントを利用

Extensis Font Senseテクノロジーは、各フォントを調べて識別し、正しいフォントが常にドキュメント上で使用されることを保証します。

Overview_icon08

■ プロフェッショナルレベルのフォント管理

Suitcase Fusionは、プロジェクトごと、クライアントごとにフォントコレクションを最適な状態に整理するためのプロフェッショナルツールです。

kinou_001

業界標準のパワーと信頼性

WhatsNew_icon09

■ フォント管理ツールはOSとの互換性が重要

macOS Catalina、およびWindows 10の最新リリースなど、最新のOS環境をサポートするための開発と検証が行われています。
Suitcase Fusionの互換性リストはこちら

kinou_002
WhatsNew_icon09

■ フォント管理ツールはプロフェショナルデザインツールとの互換性が重要

Adobe Creative Cloud 2020の対象アプリケーションなど、最新のプロフェッショナルワークフローをサポートするための開発と検証が行われています。
Suitcase Fusionの互換性リストはこちら

WhatsNew_icon09

■ クラウドベースの同期機能

Suitcase Fusionをインストール可能なマシン(最大2台まで)にインストールし、TypeSyncサービスで同期させることができます。(*1)

WhatsNew_icon09

■ プラットフォーム間でのフォント利用

Mac、PC、iOS(iPadまたはiPhone)など、Suitcase Fusionは必要な場所でフォントを使用できます。(*1)

プロフェッショナルレベルの機能を搭載

■ オートアクティベーションプラグイン

プロフェッショナルデザインツール向けに特別に作成されたプラグインで、ドキュメントを開く際に必要なフォントを自動的に有効にします。
オートアクティベーションの詳細についてはこちら

■ ドキュメントトラッキング

Suitcase Fusionに搭載されているドキュメントトラッキング機能では、オートアクティベーションプラグインをインストール可能なAdobeアプリケーション(InDesign、Illustrator、Photoshop、After Effects)で作成および保存したドキュメントに対して、ドキュメントで使用しているフォント情報を記録することができます。これによって、これらのドキュメントで使用されているフォントをトラッキング(追跡)することができます。

ドキュメントトラッキング機能を使用することで、デザインアプリケーションを開くことなく、Suitcase Fusion上で特定のフォントを含むドキュメントを一覧表示したり、ドキュメントの詳細情報やドキュメントに含まれているフォントの詳細情報を表示する事ができます。
Suitcase Fusionでは、以前に使用したフォントとフォントの格納場所を思い出すための無駄な時間を最小限に抑えることができます。

  • ドキュメントサムネイル
    ドキュメントを作成したアプリケーションを開くことなく、レイアウトや使用されているフォントを示すサムネイルプレビューを視覚的に表示できます。

  • Document-Tracking

  • 詳細なフォント使用情報
    フォント名、タイプ、バージョン、開発元、Font Sense ID、Suitcase Fusionでの可用性など、ドキュメントで使用されているフォントや使用されているフォントの詳細情報を参照できます。

  • Font-Usage-Info

  • 詳細なドキュメント情報
    ドキュメントファイルの種類、作成に使用したアプリケーション、作成日時と最終更新日、ドキュメントの保存場所、使用フォント数を参照できます。

  • Document-Information

■ プレビューフォント

細かくカスタマイズ可能なフォントプレビュー(タイル、テキスト、グリフなど)を使用することができます。

*ムービー下部の設定>字幕で「日本語」を選択してください。

■ 必要なフォントをすばやく見つける

クイック検索、スマート検索、強力な検索コントロールなどを使用して必要なフォントをすばやく見つけることができます。

*ムービー下部の設定>字幕で「日本語」を選択してください。

■ Adobeアプリケーション用フォントパネル

AdobeアプリケーションでExtensisパネルを使用することによって、すばやくSuitcase Fusionのフォントコレクション全体にアクセスできます。

*ムービー下部の設定>字幕で「日本語」を選択してください。

■ 類似フォントを簡単に見つける

必要なフォントが見つからない場合でも、QuickMatch機能を使うことによって、コレクション内の類似フォントを見つけ出すことができます。

*ムービー下部の設定>字幕で「日本語」を選択してください。

■ バックグラウンドで常時フォント管理

Suitcase FusionのType Coreバックグラウンドアプリケーションは、Suitcase Fusionを開いていない状態でも必要に応じてフォントの有効と無効を切り替えます。

*ムービー下部の設定>字幕で「日本語」を選択してください。

■ 独自の方法でフォントを管理

フォントライブラリ、フォントセット、スマートセットなど様々な方法から独自の方法を選択して、必要なフォントを多数または少数の構成で管理できます。

*ムービー下部の設定>字幕で「日本語」を選択してください。

■ 様々なフォントフォーマットに対応

何年もフォントを収集していると様々なフォーマットのフォントを持っているかもしれません。
Suitcase Fusionは、市場で最も幅広いフォントフォーマットをサポートしています。

■ 正しいフォントを使用

Font Senseの正確なフォントマッチング技術によって、正しいフォントを使用し続けます。
Font Senseの詳細はこちら

■ Googleフォントダウンロード

Google Fontライブラリへ接続することによって、2,100フォント以上のフォントコレクションを作成できます。(*2)

■ Adobe Fontsの管理

Adobe Fontsと他のフォントコレクションとの間で同期されたフォントを管理できます。(*2)

*ムービー下部の設定>字幕で「日本語」を選択してください。

免責事項:

*1 フォントはソフトウェアであり、ライセンスの制限の対象となっています。この製品に含まれるフォントの使用、コピー、バックアップ機能においては、フォントに含まれているライセンスに関して考慮する必要があります。Suitcase Fusionでフォントを使用する場合、事前にお使いのフォントの使用許諾についてフォントベンダーへお問い合わせください。この製品でフォントを使用したことから生じた損害に対し、弊社では一切の責任を負わないものとします。

*2 外部ウェブフォントサービスに関するサポートについては、サービスを提供する各メーカーにご確認ください。尚、現時点では、SkyFontsに関する機能は日本語版ではサポート対象外とさせていただいております。SkyFontsに同期されているフォントであってもサブスクリプションベースのフォントをSuitcase Fusionで扱うことができないなど注意が必要です。

また、現時点ではAdobe Marketplaceから購入したフォントに対しては、Suitcase Fusion 日本語版ではサポート対象外とさせていただいております。