SOFTWARE Too:株式会社ソフトウェア・トゥー

ソリューショントップ > Luminar
写真管理、RAW現像、高度な画像編集も可能! AIとプリセットでクリエイティブな画像に短時間で編集!

画像処理ソフトの最高峰
Luminarルミナー

12つのAI(人工知能)機能を搭載

その1:「Accent AIフィルター」機能

人物、自然物、造形物など被写体を解析し、階調、ディテール、露出、色味、コントラストなど最適な画像に自動補正します。



その2:「AIスカイエンハンサー」機能

空の色味や階調、雲のディテールをAIが認識して美しく印象的に仕上げます。

260種類以上のプリセットを搭載

補正したい画像を開きプリセット一覧からクリックするだけ!
あとはLuminarが画像に最適な補正を行います。

3導入事例のご紹介

印刷会社の場合フォトグラファーの場合

印刷会社の場合

Q:どのプリセットをよく使いますか?
A:プリセットは「AI Image Enhancer」、「Haza Removal」を使用しています。
また写真によっては「Sky Enhancer」、「Classic B&W」を使用します。
その他のプリセットは今後、画像の用途を考えながら使用していきたいと思っています。

Q:どの機能をよく使いますか?
A:写真の仕上がりが暗く感じれば「レベル補正」、「トーンカーブ」をよく使います。

Q:他の画像編集ソフトも使っているとのことですが、どのような使い分けですか?
A:パンフレットまたはカタログに使用する写真は、Luminarを使用して一度に複数の画像を補正してしまいます。
点数が少ない場合は、プラグインとしてLuminarを使用します。

Q:他の画像編集ソフトと比較してLuminarの良い点はどこですか?
A:現在、使用している他の画像編集ソフトでは、色補正を行うにはスキルが非常に必要となりますが、Luminarであれば、スキルがなくとも満足いくレベルの画像に色補正されるので、効率は良くなります。
動作がもう少し軽くなれば最高だと思います。

フォトグラファーの場合(準備中)

その他

  • 便利な「写真管理」機能
    評価やラベルをつけ画像を簡単に管理することができます。
  • 買い切り製品
    1度のお支払い「8,510円(税込)」で、年額・月額の料金は発生しません。
  • 以下製品のプラグインとしてご利用いただけます
    Adobe Photoshop CC、Adobe Photoshop Elements、Adobe Lightroom Classic CC、Apple Aperture
  • Mac、Windows両環境に対応
    • Windows:7、8、10(64ビット)
    • macOS:10.11(El Capitan)、10.12(Sierra)、10.13(High Sierra)、10.14(Mojave)
      動作環境の詳細はこちら
  • サポートされているファイルフォーマット
    PNG、JPEG、TIFF(8ビットと16ビット)、Apple HEIFファイル、PSD(Macのみ)
    RAW(CR2、NEF、ORF、RAF、ERF、ARW、RW2、DNG、PEF、PPM)