SOFTWARE Too:株式会社ソフトウェア・トゥー

Extensis – フォントとデジタルデータの管理ソリューション

Suitcase Fusion 9 製品概要

macOS Mojave / Windows 10 / Adobe Creative Cloud 2019 対応

logo

クリエイティブワークの要となるフォント。しかし仕事に合わせて効率良く管理するのは大変です。
Suitcase Fusionは、様々なフォントプレビューによって、膨大なフォントコレクションからクリエイティブワークに最良なフォントをすばやく探し出すことができます。Suitcase Fusionは、Mac OS X版、Windows版でご利用いただけるハイブリッドパッケージです。

SF8 Interface

Suitcase Fusion 9 新機能

Suitcase Fusion 9に搭載されたドキュメントトラッキング機能では、オートアクティベーションプラグインをインストール可能なAdobeアプリケーションで作成および保存したドキュメントに対して、ドキュメントで使用しているフォント情報を記録することができます。
これによって、デザインアプリケーションを開くことなく、Suitcase Fusion 9上で特定のフォントを含むドキュメントを一覧表示したり、ドキュメントの詳細情報やドキュメントに含まれているフォントの詳細情報を表示する事ができます。
Suitcase Fusion 9では、以前に使用したフォントとフォントの格納場所を思い出すための無駄な時間を最小限に抑えることができます。
また、Suitcase Fusion 9は完全な64-bitアプリケーションとなり、最新のmacOSおよびWindowsオペレーティングシステムでご利用いただけます。さらに、最新のAdobe Creative Cloud 2019の対象アプリケーションでオートアクティベーションプラグインやフォントパネルをご利用いただけます。

Overview_icon01

■ ドキュメントトラッキング

Adobe InDesign、Illustrator、Photoshop、およびAfter Effectsなど、サポートされているプラグインで保存されたドキュメントで使用されているフォントをトラッキング(追跡)できます。

Overview_icon02

■ ドキュメントサムネイル

ドキュメントを作成したアプリケーションを開くことなく、レイアウトや使用されているフォントを示すサムネイルプレビューを視覚的に表示できます。

Document-Tracking
Overview_icon03

■ 詳細なフォント使用情報

フォント名、タイプ、バージョン、開発元、Font Sense ID、Suitcase Fusionでの可用性など、ドキュメントで使用されているフォントや使用されているフォントの詳細情報を参照できます。

Font-Usage-Info
Overview_icon04

■ 詳細なドキュメント情報

ドキュメントファイルの種類、作成に使用したアプリケーション、作成日時と最終更新日、ドキュメントの保存場所、使用フォント数を参照できます。

Document-Information
Overview_icon05

■ 機能強化された検索処理

QuickFindを使用して、フォント名またはドキュメント名を指定して、特定のフォントでドキュメントを検索できます。

Overview_icon06

■ 出力用フォントコレクション

ドキュメントを作成したアプリケーションを起動することなく、文書内で使用されているすべてのフォントを収集できます。

Overview_icon07

■ ソート可能なフォントビュー

名前、組織、スタイル、アクティベーション、お気に入りなど、選択した条件タイプでフォントを表示する方法を整理できます。

Overview_icon08

■ 64-bit サポート

Suitcase Fusion 9は、最新のMacintoshおよびWindowsオペレーティングシステム(64-bit版)にインストールして使用できます。
注意:Suitcase Fusion 9は、64-bitのOSを必要とします。

Overview_icon08

■ Adobeクリエイティブツールとの互換性向上

Suitcase Fusion 9のオートアクティベーションプラグインおよびExtensisパネルは、Adobe Creative Cloud 2019(2018年10月リリース)をサポートします。
注意:Suitcase Fusion 9のオートアクティベーションプラグインは、QuarkXPressには対応していません。