SOFTWARE Too:株式会社ソフトウェア・トゥー

PDFワークフローの自動化 エンフォーカス

PitStop Pro 2020 新機能

新機能概要

  • コンピュータービジョンテクノロジーを使用してオブジェクトの見た目(絵柄)をチェックする。
  • PitStopはPDFファイルに含まれるコンテンツを「見る」ことができるようになりました。
  • PDF内のグラフィック要素を検索する。
  • 画像が存在するか存在しない場合は警告またはエラー。
  • 正しくない数のグラフィック要素がページに表示された場合に警告またはエラー。
  • ターゲットに類似しているが、トリミングされた要素や不完全な要素など、正しくない部分を見つける。
  • 構成オプションには、グラフィック要素のサイズ、許容可能範囲、およびオリジナルとの類似性が含まれます。
  • ドキュメントに特定の法的または地域限定のグラフィックなどを含める必要がある場合に最適です。
  • 複数のドキュメントまたはページの無人操作を自動化できます。

インスペクターに色見本搭載(スウォッチパレット)

頻繁に使用する色をスウォッチパレットに保存できるようになり、保存したスウォッチを他のオブジェクトに適用できるようになりました。

Color-Swatches-inspector

トレースオブジェクト

線画オブジェクトや画像からパスを作成します。

Trace-objects

オフセット形状作成

線画オブジェクトからオフセット形状を作成します。

Offset-shape

ストロークを塗りつぶしに変換

線を塗りに変換します。

Convert-stroke-to-fill

ラインアートを切り抜く

線画オブジェクトをクロップします。

Croplineart-clip

ブリードを確認する(塗り足しの有無確認)

PitStop 2020には、コンピュータービジョンテクノロジーを使用した新しいラスターベースのブリードチェックがあります。
PitStop 2020は、ブリードをチェックするときに、新しい手法を使用して、個々のオブジェクトではなくページコンテンツを分析します。

Croplineart-clip

オーバーレイPDF

オーバーレイPDFアクションは、サイズ変更、位置、不透明度のオプションを提供します。
オーバーレイPDFアクションは、変数を使用した自動化で使用するとより強力になります。
これにより、外部ソースからのファイルをオーバーレイすることも可能になります。
*Enfocus AppstoreからSwitchアプリとしても入手できます。

Croplineart-clip

新しく改善された自動化機能

  • 変数を使用してテキストを検索および置換し、テキストの内容を定義します
  • ページの追加が改善され、変数を使用して外部ソースからページをインポートできるようになりました
  • コピーしたグラフィックを追加すると、変数の使用と外部ソースからのインポートが可能になります
  • トレース機能は、アクションとして実行することもでき、自動化することができます

新しいプリフライトチェック

以下をチェックして、ワークフローの早い段階で問題点を洗い出します。

  • 破損した画像
  • ページ上の画像の数
  • 過剰なラインアートノードのクラスター
  • PDF 2.0およびPDF/X-6のチェック
  • タイリングパターン/潜在的なページの複雑さを特定する
  • 幅ゼロの塗りつぶし/出力中にドロップアウトされる可能性のあるオブジェクト

改善点

  • Pantone名を正規化/スペースを追加
  • バーコードを追加/ドキュメント変数で動作します
  • 選択とページを反転するアクション
  • Pantone Plus v4ライブラリを追加
  • PitStop Server用にAdobe Transparency Flattenerを更新。

新しいアクションリスト

  • ブリードボックスの外側にQRコード(ジョブ名、ページ番号)を追加
  • 破損した画像をチェック(エラー)
  • PDF 2.0ベースPDFを確認する
  • ページに50を超える画像があるかどうかを確認する
  • タイリングパターンをCMYK画像に変換(300ppi)
  • タイリングパターンを画像に変換(300ppi)
  • 複雑なグラフィックを見つける
  • 複雑なグラフィックをラスタライズする
  • ネガのトレースパスを作成する(ホワイトホールを開ける)
  • ネガのトレースパスを作成(ホワイトホールを無視)
  • ネガのトレースパスを作成-閉じ込められた0.1mm(ホワイトホールを開ける)
  • ネガのトレースパスを作成-閉じ込められた0.1mm(ホワイトホールを無視)
  • トレースパスを作成する(ホワイトホールを開ける)
  • トレースパスを作成(ホワイトホールを無視)
  • トレースパスを作成-閉じ込められた0.1mm(ホワイトホールを開ける)
  • トレースパスを作成-閉じ込められた0.1mm(ホワイトホールを無視)
  • CMYのみのトレースパスを作成(ホワイトホールを開ける)
  • CMYのみのトレースパスを作成(ホワイトホールは無視)
  • Kのみのトレースパスを作成(ホワイトホールを開ける)
  • Kのみのトレースパスを作成(ホワイトホールを無視)