SOFTWARE Too:株式会社ソフトウェア・トゥー

PDFワークフローの自動化 エンフォーカス

PitStop Server 2020 新機能

オーバーレイPDF

オーバーレイPDFアクションは、サイズ変更、位置、不透明度のオプションを提供します。
オーバーレイPDFアクションは、変数を使用した自動化で使用するとより強力になります。
これにより、外部ソースからのファイルをオーバーレイすることも可能になります。
*Enfocus AppstoreからSwitchアプリとしても入手できます。

Croplineart-clip

新しく改善された自動化機能

  • 変数を使用してテキストを検索および置換し、テキストの内容を定義します
  • ページの追加が改善され、変数を使用して外部ソースからページをインポートできるようになりました
  • コピーしたグラフィックを追加すると、変数の使用と外部ソースからのインポートが可能になります
  • トレース機能は、アクションとして実行することもでき、自動化することができます

新しいプリフライトチェック

以下をチェックして、ワークフローの早い段階で問題点を洗い出します。

  • 破損した画像
  • ページ上の画像の数
  • 過剰なラインアートノードのクラスター
  • PDF 2.0およびPDF/X-6のチェック
  • タイリングパターン/潜在的なページの複雑さを特定する
  • 幅ゼロの塗りつぶし/出力中にドロップアウトされる可能性のあるオブジェクト

改善点

  • Pantone名を正規化/スペースを追加
  • バーコードを追加/ドキュメント変数で動作します
  • 選択とページを反転するアクション
  • Pantone Plus v4ライブラリを追加
  • PitStop Server用にAdobe Transparency Flattenerを更新。

新しいアクションリスト

  • ブリードボックスの外側にQRコード(ジョブ名、ページ番号)を追加
  • 破損した画像をチェック(エラー)
  • PDF 2.0ベースPDFを確認する
  • ページに50を超える画像があるかどうかを確認する
  • タイリングパターンをCMYK画像に変換(300ppi)
  • タイリングパターンを画像に変換(300ppi)
  • 複雑なグラフィックを見つける
  • 複雑なグラフィックをラスタライズする
  • ネガのトレースパスを作成する(ホワイトホールを開ける)
  • ネガのトレースパスを作成(ホワイトホールを無視)
  • ネガのトレースパスを作成-閉じ込められた0.1mm(ホワイトホールを開ける)
  • ネガのトレースパスを作成-閉じ込められた0.1mm(ホワイトホールを無視)
  • トレースパスを作成する(ホワイトホールを開ける)
  • トレースパスを作成(ホワイトホールを無視)
  • トレースパスを作成-閉じ込められた0.1mm(ホワイトホールを開ける)
  • トレースパスを作成-閉じ込められた0.1mm(ホワイトホールを無視)
  • CMYのみのトレースパスを作成(ホワイトホールを開ける)
  • CMYのみのトレースパスを作成(ホワイトホールは無視)
  • Kのみのトレースパスを作成(ホワイトホールを開ける)
  • Kのみのトレースパスを作成(ホワイトホールを無視)