SOFTWARE Too:株式会社ソフトウェア・トゥー

インクジェットプリンタ向けプルーフィングソリューション

EFI Fiery XF 7.1 新機能および変更点

  • Fiery XF Serverは、Windows版のみとなりました。

  • Fiery XFクライアントは、Fiery Command WorkStationに統合されインターフェースが一新されました。

  • ドングルが不要になり、柔軟性の高いソフトウェア保護に移行しました。この為、ネットワーク環境が必須となります。

  • Fiery UnidriverからFiery XF Universal Driverに変更されました。
    同じクライアント PC に Fiery XF 7.1 の Universal Driver と Fiery eXpress または旧 Fiery XF の Unidriver をインストールし使い分けて出力することはできません。

  • 次の製品オプションはFiery XF 7.1のリリースで廃止され使用できなくなります。
    • OneBit Option(センターRIPで生成された1ビットTiffファイルを網点で出力するためのオプション。)
    • Softproof Option
    • Printer Option OKI(OKIレーザープリンタ MICROLINE VINCI C931dn、941dnなどに接続するためのオプション。)
    • Printer Option KIP
    • Fiery Option

  • すでに廃止された次のオプションは、Fiery XF 7.1で使用できなくなります。
    • Layout Option
    • Dot Creator Option(連続階調のデータからハーフトーン・スクリーンを生成・出力するためのオプション)

  • 次のオプションはFiery XF 7.1で廃止されましたが、アップグレード後も引き続きご使用いただけます。
    • File Export Option(カラーマネージメント処理されたPDFまたはTIFF形式のファイルに書き出すためのオプション。)
    • EFI Printer Option
    • Print & Cut Option(通常のPrinter Option M / XL / XXLの一部になっています。) 
    • Spot Color Option(特色を正確に処理しプルーフ出力するためのオプション。 Fiery XF 7から標準機能としてご利用いただけます。)

  • 次のプリンターオプションが変更されました。
    • Printer Option XXLは、Printer Option XL(24インチ、A1ノビサイズ)およびPrinter Option M(17インチ、A2ノビサイズ)のプリン タにも接続可能になりました。 
    • Printer Option XLは、Printer Option M(17インチ、A2ノビサイズ)のプリンタにも接続可能になりました。

  • 次の機能が追加されました。
    • 「最小限のメディア消費量」によるデータの自動回転

  • 次のアプリケーションが無くなりました。
    • RGB Profile Connector

  • 次のプリンターオプションが使用できなくなります。
    • CANON 専用出力オプションおよびEPSON 専用出力オプション(Color Proof XF for CANON、for EPSONからアップグレードでご使用されている場合はご注意ください。)