SOFTWARE Too:株式会社ソフトウェア・トゥー

インクジェットプリンタ向けプルーフィングソリューション

Fiery XF 7.2 システム動作環境(Fiery XF ServerおよびFiery Command WorkStation)

Fiery XF Server

対応OS

  • Windows 8.1 / 10 または Server 2012 / 2016
    ※64‑bit環境のみ対応

CPU

  • Quad Core 2GHz以上(8‑Core 3GHz推奨)
    ※インストールをご検討されているマシンのCPUがIntel Quad Core相当か不明な場合は、各PCメーカーにお問い合わせください。

メモリ

  • RAM:16GB(32GB推奨)

ハードディスク

  • 300GB以上の空き容量(1.5TB推奨)

ハードウェア

  • DVDドライブ(ソフトウェアインストール用)
  • インターネット接続環境(ライセンス登録、ソフトウェアアップデート)

※ Fiery XF Serverは、Windows OSのみとなります。
※無線LAN接続は非常に不安定なため、必ず有線LAN(Ethernet)接続で運用してください。
※Fiery XF Serverをインストールするマシンには、Adobe Readerとアンチウィルスソフト以外のアプリケーションはインストールしないでください。
※アンチウイルスソフトによりアプリケーションが正常に起動できない場合があります。
その場合、ウイルスソフトメーカーへご相談いただき製造元がウイルス定義を改訂する必要があります。
Fiery XFおよびそのコンポーネントを例外リストに追加することは、セキュリティ上のリスクを引き起こす可能性があるため、推奨しておりませんのでご注意ください。

Fiery Command WorkStation

対応 OS(Windows)

  • Windows 8.1(64bit)
  • Windows 10(64bit)
  • Windows Server 2012(64bit)
  • Windows Server 2016(64bit)

対応 OS(macOS)

  • macOS 10.13
  • macOS 10.14
  • macOS 10.15
  • macOS 11

CPU

  • Intel Core i3 以上(Windows)
  • Multicore Intel Processor相当以上(macOS)

メモリ

  • RAM:4GB 以上(Windows)
  • RAM:4GB 以上(macOS)

ハードディスク

  • 16 GB以上(Windows)
  • 7 GB以上(macOS)

ハードウェア

  • USB ポート(測定機器を接続する場合)
  • DVD ドライブ(ソフトウェアインストール用)
  • 1600 × 900 ピクセル以上のモニタ解像度
  • インターネット接続環境(Fiery XF Serverとの接続など)

※Fiery XF Serverが、Windows環境で起動されていない場合、Fiery Command WorkStationを起動することができません。Fiery Command WorkStation単体では起動することができませんのでご注意ください。
※無線LAN接続は非常に不安定なため、必ず有線LAN(Ethernet)接続で運用してください。
※ソフトウェアの仕様上一部のCanonプリンタは、USB接続ができません。必ずIPアドレスの設定をお願いします。

Fiery XF Universal Driver

対応 OS(Windows)

  • Windows 8.1(64bit)
  • Windows 10(64bit)
  • Windows Server 2012(64bit)
  • Windows Server 2016(64bit)

対応 OS(macOS)

  • macOS 10.13
  • macOS 10.14
  • macOS 10.15
  • macOS 11

※ネットワークのセキュリティーが年々強化されることにより、ドライバーソフトが正常に動作しない場合ケースが増えています。
必ずしも動作を保証するものではありません。
メーカーとしては、ホットフォルダによるデータ送信を推奨しております。
データをPDF化して共有フォルダへコピーする方法は、OSの影響を受けづらく、安定した運用ができるためです。

対応プリンタについて

Fiery XF 7.2 対応プリンタはこちら

EFI Fiery XF 7.2 安定動作のための推奨環境および制限事項

1. インストールするPCの環境について
初期設定のクリーンなOS環境にインストールしてください。Fiery XF Server、Adobe Readerとアンチウィルスソフト以外の他のアプリケーションはインストールしないで下さい。
他のアプリケーションがインストールされているとFiery XF Serverが動作しない、または動作が不安定になる場合があります。

2. 推奨するプリンタとの接続
ネットワーク接続を強く推奨します。USB接続した場合はプリンタの状態によりプリンタとの接続が不安定になる場合があります。
USB接続する場合、プリンタメーカー純正のプリンタドライバ、各種ユーティリティーなどは一切インストールしないでください。
※ソフトウェアの仕様上Canonプリンタは、USB接続ができません。必ずIPアドレスの設定をお願いします。

3. クライアントPCからの出力
ベストな方法はHot Folder経由でのPDF出力です。プリンタドライバー経由の場合、データ量が大きくなり、かつ処理が複雑になります。アプリケーションから直接プリンタドライバ経由でプリントしたい場合、製品に付属しているUniversal Driverを使用してください。

制限事項

Universal Driverについて
Windowsで動作しているFiery Command WorkStationにWindowsクライアントからUniversal DriverでプリントするとFiery Command WorkStationのジョブリストに表示される日本語のファイル名が文字化けする可能性があります。
また、上記環境以外でもUniversal Driverでジョブを送信した場合、アプリケーションによりFiery Command WorkStationのジョブリストに表示されるファイル名が文字化けする場合があります。

スポットカラーについて
Fiery XFは PANTONE、DIC、TOYO、HKSのスポットカラーテーブルを持っています。
これはアプリケーション(Illustratorのスウォッチ等)の持っているスポットカラーを全てカバーしているわけではありません。スポットカラー名もアプリケーションの持っている名前と異なる場合があります。