印刷サービスを構築するためのソフトウェア enfocus

新機能

このリリースの主な目的は、PDF2.0およびPDF/x-6のサポートを提供することです。
これに関連する40を超える新しいアクションがあります。PitStop 2022には、PDF2.0およびPDF/x-6の影響を受ける既存のアクションに対するいくつかの更新も含まれています。

1.PDF2.0およびPDF/x-6関連の変更

1.1 ページレベルの出力インテント
ページレベルの出力インテントは、インスペクターで表示および変更できます。

01-Page-Output-Intent

ページレベルの出力インテントは、アクションリストを介して確認および変更することもできます。

02-Check-it-Output-Intents-are-used
03-Check-it-Output-Intent

1.2 ハーフトーンの原点
ハーフトーンの原点は、インスペクターで表示および変更できます。

04-Halftone

ハーフトーンの起点は、アクションリストで確認および変更することもできます。

05-Check-halftone-origin
06-Check-halftone-origin

1.3 ブラックポイント補正
ブラックポイント補正は、インスペクターで確認できます。

07-Black-Point-Compensation

ブラックポイント補正は、アクションリストから確認および削除することもできます。オブジェクトごとのブラックポイント補正設定(PDF 2.0)が尊重されます。

08-Check-Black-Point
09-Remove-black-point

1.4 ドキュメントパーツのメタデータ
DPartメタデータは、アクションリストを介して確認および削除できます。

10-Check-DPart-metadata
11-Remove-DPart-metadata

1.5 スペクトルデータ(CxF)
スペクトルデータは、アクションリストを介してチェックおよび削除できます。

12-Check-Spectral-Data
13-Remove-specific

1.6 PitStop 2022の新しいプリフライトプロファイル
PDF2.0およびPDF/x-6をサポートするためのプリフライトプロファイルの追加には次のものがあります。

  1. ドキュメントはPDF2.0機能を使用します
  2. PDF/x-6準拠の文書化する
  3. ICC仕様を含む、PDF/x-6への出力インテントの適合性
  4. PDF/x-6バージョンキー
14-Contains-PDF20
SOFTWARE Too enfocus certified reseller