印刷サービスを構築するためのソフトウェア enfocus

新機能

アップグレードする前に

アップグレードインストール後、初めてSwitchを起動する際に、「Switchアプリケーションデータルート」をバックアップすることを強くお勧めします。Switchアプリケーションデータルートのバックアップに使用する「Enfocus ApplicationDataRoot Tool」は、アプリケーションフォルダにあります。

処理スピードアップ

プロパティ実行時検証

フローエレメントのプロパティに動的な値(変数を含むテキストまたはスクリプト式)が含まれている場合、実際の値は、使用可能なジョブが投入された時点でのみ生成されます。これは、フローがアクティブ化された時点では値を検証できないことを意味します。プロパティ実行時検証はこれを解決します。プロパティ値は、jobArrivedエントリポイントが開始される直前に生成および検証されます。このようにして、Switchは、たとえば、スクリプト式がドロップダウンリストで使用可能な値を生成することを確認できます。

プロパティ実行時検証はNode.jsとスクリプトエレメントに対して最適化されているため、これらのスクリプトエレメントに動的に計算された値を持つプロパティがある場合の処理パフォーマンスが向上します。

注:この最適化は、レガシースクリプトを使用しているエレメントに対しては行われないため、速度の向上は、Node.jsスクリプトを使用して開発されたエレメントを使用した場合にのみ高速になります。現在、すべてのデフォルトのフローエレメントをNode.jsに移行しているため、この処理速度の向上は完全移行後に効果が最大に発揮されることになります。

デフォルトのフローエレメントがEnfocus Appstoreへ

2016年のEnfocus Appstoreのリリース以降、Switchは他のプラットフォームとの統合、特定のタスクおよびクエリの実行を可能にするさまざまなアプリを作成および使用できるなど、多くの新機能がSwitchに追加されました。これらのアプリを使用すると、ユーザーはSwitchコアソリューションの強力なネイティブ機能をはるかに超えることができます。

Enfocus Appstoreの利点は、アプリの作成者がSwitchの次のメジャーリリースまで待たずに、新しいアプリをリリースしたり、既存のアプリに新しい機能を実装したりできることです。Switchユ ーザーは、アプリの新しいバージョンが利用可能になり、特定のバージョンにアップグレードするかダウングレードするかをご自身で決定できますし、その通知を受け取れます。決定が下されると、選択されたバージョンがSwitchシステムに自動的に配備されます。

では、この機能をデフォルトのフローエレメントでも使用してみませんか?これが今回のリリースで行った最大のアップグレードです。デフォルトのフローエレメントのほとんどをEnfocus Appstoreに移行しました。これにより、Switchの次のリリースを待たずに、これらのデフォルトのフローエレメントに対する変更と改善を迅速かつ簡単にリリースできるようになります。

インストールプロセス

Switch 2022 Springインストーラーには、デフォルトのエレメントが含まれていません。代わりに、Switch 2022 Springのインストールプロセスを完了すると、フローデザイナーを起動すると、デフォルトのフローエレメントがEnfocusAppstoreから自動的に配備されます。

既存のSwitchをアップグレードする場合、プロセスは以前にインストールされたデフォルトのフローエレメントをEnfocus Appstoreのデフォルトのフローエレメントに置き換えます。アップグレードインストールの場合、これらのデフォルトのフローエレメントは、Switch 2021 Fallで使用されているものと同じです。これにより、Switch 2021 FallからSwitch 2022 Springにアップグレードした後、既存のワークフローの動作が変更されないことが保証されます。

注:デフォルトのフローエレメントの配備を有効にするには、Enfocus IDを使用してSwitch にサインインする必要があります。それ以外(サインインできない)の場合は、以前にインストールされたデフォルトのフローエレメントを引き続き使用します。

Switchの新規インストールの場合、[バージョン情報]ダイアログの[サインイン]タブを使用してEnfocus IDで正常にログインすると、デフォルトの要素が自動的にインストールされます。この場合、インストールされているデフォルト要素の一部は、Node.jsスクリプトを使用して開発された新しいバージョンになります。

Switch 2022 Springをオフラインでインストールする場合、デフォルトのフローエレメントを取得するには、最初にSwitch 2021 Fallをインストールしてから、Switch 2022 Springにアップグレードする必要があります。

マニュアル(リファレンスガイド)

デフォルトのフローエレメントがアプリに移行されたため、アプリの機能説明は、対応するSwitchバージョンのリファレンスガイドでは利用できなくなります。

すべてのデフォルトエレメントに独自のマニュアルが追加されます。このマニュアルにアクセスするには、「フローエレメント」ペインでデフォルトのフローエレメントを右クリックし、「アプリの詳細…」を選択します。これにより、デフォルトのフローエレメントアプリに関する詳細情報をご覧いただけるEnfocus Appstoreの専用アプリページに移動します。

アプリのアップグレードまたはダウングレード

アプリのアップグレードまたはダウングレードは、My EnfocusサイトのMy Switchページで実行できます。SwitchがデフォルトフローエレメントをSwitchのインストールに配備すると、このページで新しいデフォルトのアプリセクションが利用できるようになります。

このセクションでは、Switchのインストールで現在配備されているデフォルトフローエレメントの概要を説明しますが、新しいバージョンが利用可能な場合は、特定のデフォルトフローエレメントのみ更新することもできます。デフォルトフローエレメントを更新するには、「バージョンの変更」をクリックして、インストールされているSwitchに配備するバージョンを選択します。

Switch2022-NEW01

Node.js スクリプトの式

恐らく既にご存知のように、スクリプトの式は、フローエレメントまたは接続線の特定のプロパティ の値を決定するために、一般的に普及していますJavaScriptプログラムです。これにより、プロパ ティ値をジョブまたはそれに関連するメタデータに依存させることができます。

Switchの以前のバージョンでは、これらのスクリプト式は、古いレガシースクリプト言語を使用して定義する必要がありました。2022 Springのリリースにより、代わりにNode.js TypeScriptでこれらのスクリプト式を定義することも可能になりました。

Switch2022-NEW02

ただし、従来のJavaScript式を有効にするオプションは今回のアップグレードでも存在しますが、新しいスクリプト式はすべてTypeScriptで作成することをお勧めします。また、Switch 2024 Springのリリースで予測されるレガシースクリプトの終了に伴い、既存のすべてのレガシースクリプトをNode.js TypeScriptに移行することをユーザーに促します。

Node.js TypeScriptを使用すると、スクリプト式で高レベルの柔軟性を実現できる追加のパッケージを使用することもできます。このリリースでは、使用できるパッケージはNode.jsv16.14.2で使用可能なネイティブパッケージに限定されています。ネイティブパッケージの概要については、https://nodejs.org/download/release/v16.14.2/docs/api/をご覧ください。

このリリースでは、スクリプト式で他のサードパーティパッケージを使用する可能性はまだありません。
Node.jsスクリプト式の定義を便利で簡単にするために、Monaco EditorをSwitchに統合しました。

このリリースでは、Monaco EditorをSwitch Flow Designerで直接使用するか、指定したWebブラウザーで外部的に使用するかを選択できます。これは、環境設定の「ユーザーインターフェイス」内の「Render HTML in Designer」を「はい」にセットして再起動する必要があることに注意してください。
注:Apple Silicon Macシステムでは、Monaco Editorは常にWebブラウザーで開きます。

Switch2022-NEW03

ネイティブJSONサポート

Switch内でのメタデータの使用は、ここ2、3年で指数関数的に増加し、すでに長い間、XMP、XML、およびJDFをネイティブにサポートしていました。しかし、最新のRESTful APIの多くはJSONを使用しているため、このタイプのメタデータデータセットが不足しており、Switchでこれを使用できるようにJSONをXMLに変換するためにJSONピックアップなどのツールに依存していました。

このリリースでは、Switch内でネイティブJSONをサポートするようになったことをお知らせします。つまり、このタイプのデータセットは、変数を含むテキスト、Node.jsスクリプト式、そしてもちろんNode.jsスクリプトでも使用できます。

Switch2022-NEW04

変数を含む単一行のテキスト

サンプルジョブを無効にする

変数を含む単一行のテキストを使用しているときに何かをすばやく変更したい場合、Switchがサンプルジョブをロードする必要があるため、時間がかかることがあります。このリリースでは、この環境で特定の設定を編集しているときにサンプルジョブを表示または非表示にできるオプションを追加しました。

サンプルジョブの検索機能

ジョブが多すぎると、必要なサンプルジョブを見つけるのが難しい場合があります。新しい検索フィールドでは、特定の検索クエリを定義することにより、サンプルジョブのリストをフィルタリングできます。

インスペクトジョブから変数をコピー

ジョブの検査機能を使用する場合、これまで、変数構造全体を視覚化することはできませんでした。
この機能が追加されました。変数を定義したら、それをクリップボードにコピーできます。

Switch2022-NEW05

ウェブポータルツールバーボタン

Switch Designerには、デフォルトのブラウザでWebポータルを直接開くツールバーボタンが追加されています。

一度に複数のフォルダにカスタムカラーを設定する

これで、フロー内の複数のフォルダーを選択し、選択全体にカスタムカラーを割り当てることができます。右クリックすると、事前定義された色のリストが表示されます。カスタムオプションは使用できないことに注意してください。

ジョブボード

サムネール

以前のリリースでは、各ジョブのサムネイルを表示する機能が導入され、Webポータルユーザーがジョブを簡単に識別できるようになりました。このリリースでは、より大きなサムネイルを表示する表示モードを追加しました。

Switch2022-NEW06

高度なジョブボードのカラムフィルタ

以前のリリースでは、ジョブボードのタテ列にカスタムフィルタを定義する機能が導入されましたが、現在ログインしているユーザーに基づいてジョブをフィルタ処理するために、ユーザープロパティに 追加の条件を定義できるようになりました。

Switch2022-NEW07

カスタマイズフィールド

新しいサムネイルビューに関連して、このビューに表示されるフィールドをカスタマイズする機能も追加されました。これで、ジョブボードを作成するときに、デフォルトで表示される情報を定義することができます。これは、ジョブボードを作成しているユーザーによって定義されます。

Switch2022-NEW08

ただし、各ユーザーは、事前定義されたフィールドを無効にして、独自のビューを定義することができます。ユーザーが適用する変更は、ユーザーのWebセッションにのみ適用され、ユーザーのWebブラウザーのキャッシュに保存されます。

Switch2022-NEW09

1列のみのジョブボードを作成すると、ブラウザウィンドウの全幅が考慮されるようになります。環境も非常に応答性が高く、ブラウザウィンドウのサイズが変更されると自動的に適応します。定義されたフィールドも表示する新しいテーブルビューも追加され、サムネイルのサイズも定義できます。

Switch2022-NEW10

ジョブ情報エレメントを更新します

このリリースでは、「ジョブ情報の更新」エレメントに新機能が追加されました。以前のバージョンのSwitchで使用されていた機能の一部が利用できなくなることに注意してください。

フローステージを設定する

フローステージを定義する機能がフォルダエレメントからジョブ情報の更新エレメントに移動され、フローステージを保持、設定、または削除するための機能も追加されました。

機能が移動されたため、フォルダエレメントのフローステージプロパティは利用できなくなりました。
つまり、フローに新しいフォルダエレメントを追加すると、フローステージプロパティは使用できなくなります。

フローステージプロパティがフォルダエレメントに設定されている既存のフローでは、プロパティは引き続き表示および使用されますが、これはジョブ情報の更新エレメントに移動されることを目的としています。定義された値がフォルダエレメントから削除され、プロパティが空になると、その値は引き続き表示されますが、次のバージョンのSwitchにアップグレードすると自動的に削除されます。

カスタムフィールド

また、ジョブ情報の更新フローエレメントで5つのカスタムフィールドを定義および/または削除することもできます。ここでは、ジョブボードでカスタムフィールドとして使用できるカスタムフィールドの名前と値を定義できます。

Switch2022-NEW11

クライアントモジュール

UXの改善

チェックジョブビューは、ジョブボードビューと同じルックアンドフィールにするため、最初から再開発しました。これにより、Webポータルの開発に使用するコードが統一されました。

この改善の効果で、このドキュメントのジョブボードのセクションですでに説明した機能を使用できるようになりました。ここでは、追加のビューを使用できるだけでなく、表示されるフィールドをカスタマイズすることもできます。

Switch2022-NEW12

このビューでは、新しい「ジョブ情報の更新」エレメントで定義できるカスタムフィールドも使用できます。

スクリプティング

Node.js version 16 support

新たなSwitchでは、スクリプト作成者はNode.js LTS バージョン16.14.2で利用可能な最新の機能とバグ修正を利用できるようになりました。(Node.js LTS version 16.14.2)

getFlowName(), Scope.FlowElements and Scope.Flow

Node.jsスクリプト内からフローの名前を取得できるようになり、ディスク上の独自のカスタムログファイルのファイル名で使用できるようになりました。さらに、フローレベルでグローバルデータを共有するためのグローバルデータの「Scope.Flow」および「Scope.FlowElements」も追加 されました。APIの説明は、Node.jsスクリプトのドキュメントに記載されています。

flowElement.getPluginResourcesPath() in Node.js

このリリースでは、アプリ開発およびテスト段階で「flowElement.getPluginResourcesPath()」を使用できます。これはレガシースクリプトで可能で、テスト目的でのみ、リソースフォルダを呼び出しスクリプトに関連付けるものですが、現在の実装では、これは常に呼び出しスクリプトパッケージを含むフォルダですが、実装はこの事実にカウントされるべきではありません。

リソースフォルダは、スクリプトプラグインでの使用を目的としており、テスト以外の通常のスクリプトパッケージからは使用しないでください。通常のスクリプトパッケージを使用して外部リソースを転送する信頼できる方法はありません。APIの説明は、Node.jsスクリプトのドキュメントに記載されています。

XPath Support in Node.js

スクリプトライタまたは式エディタライタとして、XPathを使用できるようになりました(つまり、サードパーティのモジュールを検索して含める必要はありません)。これにより、ジョブまたはデータセットとして受けたXMLファイルをクエリできるようになります。 APIの説明は、Node.jsスクリプトのドキュメントに記載されています。

JSON dataset support

これで、JSONメタデータをジョブに追加/ジョブから追加/読み取り/更新/削除できるようになりました。JSONデータセットのサポートは、Node.jsスクリプトとの組み合わせでのみ利用可能であることに注意してください。APIの説明は、Node.jsスクリプトのドキュメントに記載されています。

Translation support in Node.js

これで、ログメッセージなど、ユーザーに表示される文字列を翻訳できるようになりました。これは、SwitchScripterの「ローカライゼーション」メニュー項目を使用して実行できます。

SOFTWARE Too enfocus certified reseller