SOFTWARE Too:株式会社ソフトウェア・トゥー

Extensis – フォントとデジタルデータの管理ソリューション

Suitcase Fusion システム動作環境

リリースノートはこちら

重要:Apple M1システムへの対応について
Suitcase Fusionはユニバーサルアプリケーションです。Apple M1チップ搭載マシンと Intel CPU搭載マシンの両方で実行することができます。また、Suitcase FusionのオートアクティベーションプラグインもApple M1チップ搭載マシンに対応しています。

重要:Photoshopユーザーへのお知らせ
Adobe PhotoshopフォントパネルをApple M1チップ搭載マシンでネイティブに実行するには、さらに多くの改修を行う必要があります。Apple M1チップ搭載マシンでPhotoshop用のフォントパネルが必要な場合は、Rosetta 2を使用してPhotoshopを起動してください。

macOS

現在のバージョン:22.0.0(リリース日:2021年11月)

  • macOS™ 10.14、10.15、11、12
  • 注意:Apple M1チップ搭載マシンでPhotoshop用のフォントパネルが必要な場合は、Rosetta 2を使用してPhotoshopを起動する必要があります。
  • インターネットに接続する必要があります。
  • ヘルプを表示するにはSafari® 12以降、最新のMicrosoft Edge、Firefox®またはChrome™が必要です。

Windows

現在のバージョン:22.0.0(リリース日:2021年11月)

  • Windows 10、11
  • 注意:Suitcase Fusionは64-bit版のWindows OSにインストールする必要があります。
  • Microsoft® .NET Framework version 4.5.1以降(無い場合は自動的にインストールされます)。
  • インターネットに接続する必要があります。
  • ヘルプを表示するには最新のMicrosoft Edge、Firefox®またはChrome™が必要です。

サポートするアプリケーション

重要:Adobe Creative Cloud 2019 オートアクティベーションプラグインについて
Adobe Creative Cloud 2022のリリースに伴い、Adobe Creative Cloud 2019 アプリケーションのサポートが終了しています。この為、Suitcase Fusion 22.0.0には、Adobe Creative Cloud 2019 アプリケーション用のオートアクティベーションプラグインは含まれていません。
Adobe Creative Cloud 2019 アプリケーションを使い続ける必要がある場合は、Suitcase Fusion 22.0.0をインストールしないでください。

Adobe Creative Cloud 2019 アプリケーション用のオートアクティベーションプラグインはSuitcase Fusion 21.4.4に含まれています。以下のリンクからダウンロードすることができます。
 ・Suitcase Fusion 21.4.4 for macOS(macOS 10.14、10.15、macOS 11)

 ・Suitcase Fusion 21.4.4 for Windows(Windows 10)

Suitcase Fusionには、以下のアプリケーション用のオートアクティベーションプラグインが含まれています。

  • Adobe® After Effects® Creative Cloud® 2020、CC 2021、CC 2022
  • Adobe Illustrator® CC 2020、CC 2021、CC 2022
  • Adobe InCopy® CC 2020、CC 2021、CC 2022
  • Adobe InDesign® CC 2020、CC 2021、CC 2022
  • Adobe Photoshop® CC 2020、CC 2021、CC 2022

また、Suitcase Fusionには、以下のアプリケーションをサポートするExtensisフォントパネルが含まれています。

  • Adobe Illustrator® CC 2020、CC 2021、CC 2022
  • Adobe InDesign® CC 2020、CC 2021、CC 2022
  • Adobe Photoshop® CC 2020、CC 2021、CC 2022

注意:プラグインが対応しているのは、64-bit版のアプリケーションのみです。32-bit版のAdobeアプリケーションでは、オートアクティベーションプラグインやフォントパネルは使用できません。
サポートされているOSとホストアプリケーションの種類とバージョンについては、Suitcase Fusion サポートガイドをご確認ください。